DETOUR

米国在住 (2018.2~) // 洋楽、英語マニア // 米国政治ウォッチャー

アメリカで働く // 就労許可(EAD)申請とUpWork

いきなりですが、今回の駐在帯同中にはお金を稼いでみたいと思ってます。

アメリカではビザの種類によって配偶者は働けなかったり、夫の会社から許可が出なかったりするみたいですが、幸運にはうちは両方クリア。働く以外にもやりたいと思ってることは沢山あるんですけど、とりあえずまあ資本を。そこで2つの方法で今動いています。

 

①アメリカの企業で働く ⇒ EAD取得

アメリカ国内で働くためには就労許可を申請しなきゃいけないんですよね。就労許可証はEAD(Employment Authorization Document)っていって、I-765という申請書とその他もろもろの書類を郵送するみたいです。

しかし申請料が410ドル…。日本円でいうと現レートで約43,500円。国民の雇用機会を守るためなのかは知りませんが、高く感じます。果たして無事働いて取り返せるでしょうか。許可証の返信に3か月くらい待つ場合もあるみたいなので、来週の初めには発送したい…。

Application for Employment Authorization | USCIS

 

クラウドソーシング ⇒ UpWork

一方とりあえず現段階でなんかできることないかなと調べ、UpWorkという世界最大のクラウドソーシングサイトに登録してみました。同様の日本のCrowdWorksとかのサイトにも登録したことあるんですけど、当然私より英語できる人はバイリンガルの方等ふまえ星の数ほどいて、その中で何も自分の強みとか取柄がない気がしたんですよね。だから、もっと広い市場でチャンスを探そうと、今回海外ともつながってるUpWorkにしてみました。

大まかな仕組みは、依頼元が依頼したい内容と予算をUpWorkに載せ、それに興味がある人がもらいたい希望金額とともに応募します。すると依頼元がその中から、提示金額やこれまでの経験などによって正式に依頼する人を選ぶみたいです。

 

仕事を「Japanese」という単語で検索してみると、結構面白いんです。普通の翻訳の仕事以外にも、下記のようなものもありました。

・日本の企業との商取引をしており、通訳としてその会社に電話をしてほしい 

日本食レストランのロゴデザイン

・日本の結婚式場のリストを作ってほしい

・作ったビデオに日本語でナレーションを入れてほしい

 

翻訳依頼も公式文書から個人のメールなどまで多種多様。中には日本人が英訳を依頼しているものもありました。やりとりは主に英語になるとは思いますが、予算は自分で決められて、確かに安く収まる効率のいい方法なのかもしれません。ぼちぼち探したり応募したりしていますが、1円でも稼げる日がくるのでしょうか…。

 

----------------------------------------------------------------------------------------

f:id:minichabi:20180331073711j:plain

片道車で2時間の日本食スーパーで見つけたOAGESANたち。毎日の味噌汁が豪華になりました。