DETOUR

米国在住 (2018.2~) // 洋楽、英語マニア // 米国政治ウォッチャー

メキシコ前大統領が次回の米国大統領選挙に立候補?

毎日ガチガチの政治ネタになってしまっているので、今日は米国政治ネタですが少し笑える話を…^^

 

2000年から2006年までのメキシコの第55代大統領であるVicente Fox(ビセンテ・フォックス)氏が、 なんと次回のアメリカ大統領選に立候補すると名乗り出ました。

 

トランプ大統領は、メキシコから来る不法移民の多くは犯罪者や悪人だとして、大統領選時代から「国境に壁を作りそれらの悪人がアメリカに来るのを防ぐ。そしてその建設費用をメキシコに払わせる。」という目玉公約を掲げてきました。そのような過激な内容の政策により、米国国内のみならずメキシコでもやはりトランプ大統領批判は強いとされています。

そんな中、怒り心頭の前大統領が発表したのが、下記の出馬宣言です。勿論ジョークではありますが、言葉巧みに彼を猛烈に批判している動画は非常に見ごたえがあり、ところどころニヤリと笑ってしまいます

www.youtube.com

*下記は意訳ですのでご了承ください

0:07- "Donald, every time I  make fun of you, which I do a lot, people say "why can't you be our president?". America, I feel your pain. We all do. And that is why today I'm proud to announce my candidacy for president of the United States. " ドナルドよ、私があなたをからかうたびに、いろんな人に「あなたが私たちの大統領になってくれたらいいのに」と言われます。アメリカよ、あなたたちの苦しみを私たちは知っています。そしてそれが今日ここにアメリカ合衆国大統領戦への立候補の意を表明する理由です。

 

0:48- Now, I know a lot of you will say "How can you be president? You're a Mexican!"  And to those people, I have three words: "Donald", "fucken" and "Trump". If that worn-out baseball glove tightly gripping a turd, can be president, then amigos, anyone can.  多くの人が、メキシコ人のあなたが大統領になんかどうやってなるのか疑問に思っているでしょう。しかし、そんな疑問をもつ人はこの3つの言葉を思い出してほしい。ドナルド、**、トランプ。もしあの使い古されたグローブのような野郎が大統領になれるなら、誰でもなれるのです。

  

上記は一部のみの抜粋ですが、自身のキャンペーンソングを演奏したり、トランプ大統領の大統領選キャンペーン時のトレードマークともいえるMake America Great Againと書いた赤い帽子のパロディーも最後に披露しています。

動画を見ていると彼がおちゃめなおじ様のようにも見えてきてしまいますが、れっきとしたメキシコの前大統領という事実と、その発信力に改めて驚きます。